Debian/カーネル再構築

Top / Debian / カーネル再構築

make menuconfig

  • CPUのアーキテクチャ
  • ドライバいろいろ
  • ファイルシステム
  • M じゃなしに Y にしておかないとCDも使えない模様?

make-kpkg

make-kpkg --revision=REV --append-to-version VER kernel-image
--revision
Debianのパッケージ名につく。
生成される.debファイルの重複防止には使える。
カーネルのインストールの重複防止には使えない。
dpkg -l の Version の項目。
--append-to-version
uname -a したときのカーネルのバージョンの直後に付加(2.6.12XXXX。
生成される.debファイルの重複防止に使える。
パッケージ名の直後にも付加される(kernel-image2.6.12XXXX。
カーネルのインストールの重複防止に使える。
/lib/module。
CONFIG_LOCALVERSION
uname -a したときのカーネルのバージョンの直後に付加(2.6.12XXXX。
/lib/module。

おとなしく --revision=ホスト.勝手に付ける番号 --append-to-version -Debianパッケージのバージョンの最後-勝手に付ける番号、
辺りを渡してCONFIG_LOCALVERSIONは空が正解?

2.4 → 2.6

  • lilo → grub
  • module-init-tools のインストール
  • udev のインストール
  • update-grub の自動化
    • /usr/share/doc/grub/README.Debian の update-grub の項
    • /etc/kernel-img.conf
      postinst_hook = update-grub
      postrm_hook = update-grub
      do_bootloader = no
      /sbin/update-grub → update-grub (grub 0.97-14)

  • ln -s kernel-source-2.x.x linux
  • /boot/config-2.x.x を /usr/src/linux/.configにコピーしてみたり
  • Kernel panicのときは正常起動時の dmesgと比較してみたり
  • 参考にするファイル
    • /proc/filesystems
    • /proc/modules
    • /proc/drivers
    • とか
  • コマンドとか
    • lsmod
  • fakeroot
    • src グループにはいるとか

参考リンク


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-15 (水) 00:29:31 (4484d)