Apcupsd

Top / Apcupsd

概要

APC UPS 用のユーティリティ。

UPSと直接通信できるPCは1台だが、それをサーバとすることで、
複数台の自動シャットダウンが可能。

マスター/スレーブ方式の互換性

3.14 以降は旧来のマスター/スレーブ方式を、信頼性の問題からばっさり切り捨てているので要注意。
ネットの記事は旧来の方式が多いのでさらに注意。

NISを使ったモードが推奨とのこと(リリースノートより)。
サーバクライアントともに standalone 扱いなのに注意。

Debian サーバ

インストール

aptitude install apcupsd
# 設定変更(下記参照)
/etc/init.d/apcupsd restart

/etc/apcupsd/apcupsd.conf

# USB 接続
UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
# ここは空指定でいいらしい
DEVICE

# バッテリー残量 30%以下でシャットダウン
BATTERYLEVEL 30
# ランタイム 10分以下でシャットダウン
MINUTES 10

# サーバ用の設定
NETSERVER on
# ローカルからもクライアントからもアクセス可能
NISIP 0.0.0.0

/etc/default/apcupsd

ISCONFIGURED=yes

Windows クライアント

UPSCABLE ether
UPSTYPE net
# アドレスは環境に合わせて適当に
DEVICE 192.168.1.100:3551
POLLTIME 10

# ここは同じで
BATTERYLEVEL 30
MINUTES 10

物理構成

  • UPS
    • ディスプレイ
    • Debian サーバ
    • Windows クライアント
    • ルータ(サーバ/クライアント間の通信用)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-23 (火) 20:33:11 (3200d)