LaTeX/トラブルメモ

Top / LaTeX / トラブルメモ

! Not two-byte family.

ipsjpapers.clsで数式モードで日本語を使ったときになる。
SJISだとコンパイル時に何も言われないので、2bytesコードとしてEUCが蹴られている模様。

\textmc{日本語}

でごまかせる。

巨大な EPS ファイルが途切れる

確認された現象

dvipdfmx + A0 より大きなEPS(Graphviz) で確認

/etc/texmf/dvipdfm/dvipdfmx.cfg に書かれている以下の行を元に、

D  "gs 〜"

eps から pdf を生成すると(%o %i がそれぞれ出力と入力のパス)、
PDFの1ページ収まりきっていない。

この図を含むPDFも同様のところで途切れるので原因はここ。

入力の大きさが適切に取れていないせいなのかは不明だが、
psresize も同様に端で途切れるので効果なし。

BoundingBox修正(epstopdf)による解決方法

GraphvizのMLでもそんな話があったらしい。
https://mailman.research.att.com/pipermail/graphviz-interest/2002q2/000383.html

Graphviz(dot 2.8) が悪いのか gs(8.15.3) が悪いのか不明だが、
以下のようなコマンドによってepsのBoundingBox周りの修正が可能。

epstopdf --nogs OLD.eps --outfile=NEW.eps

フィルタ用のプログラム?なのでファイルの上書きはできない。
以下変更内容の diff -u。

-%%BoundingBox: 36 36 1356 3345
+%%BoundingBox: 0 0 1320 3309
+<< /PageSize [1320 3309] >> setpagedevice
+gsave -36 -36 translate
 %%EndComments
 save
 %%BeginProlog
@@ -2541,3 +2543,5 @@
 end
 restore
 %%EOF
+
+grestore

-Tps2

dot -Tps2

ps よりは大きい図に対応できるがやはり問題あり

回避方法

  • dvips + ps2pdf
    • フォント埋め込み、出力サイズなどに注意

古いメモ

  • 某FreeBSDマシンで dvipdf なら正しいものが出力された
    • dvipdfm はエラー
    • dvipdfmx は途切れた
    • Windows/Debian マシンの環境下ではダメ(設定がまずいのか?

解決法としてあげられているいくつかの方法は失敗した。

  • width=5truecm,scale=1.1
  • graphicx → graphics
  • 50dvipdfmx.cnf の D "gs 〜%o -c .setpdfwrite -f %i -c quit""

is.kanji.str$ is an unknown function

is.kanji.str$ is an unknown function---line 244 of file jplain.bst
is.kanji.str$ is an unknown function---line 260 of file jplain.bst

bibtex + jplain.bst で起こる。
jbibtex を使うと解決。

LaTeX Error: Too many unprocessed floats.

1つの?float環境でのグラフの貼りすぎ。
適切な切れ目で↓

\clearpage

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-12 (金) 18:16:50 (3790d)