bsfilter

Top / bsfilter

準備

~/.bsfilter/bsfilter.conf

jtokenizer kakasi

とりあえず適当なものを指定してみる。

学習

bsfilter --add-spam SPAM/*
bsfilter --add-clean CLEAN/*
bsfilter --update

判別

bsfilter && echo SPAM

後は標準入力に食わせるのみ

設定

SPAMは受信頻度を下げるが1日に1度まとめて受信する方針

  • bsfilterに通す
    • ヘッダに文字列追加
  • SPAM
    • may_be_spamに移動
    • cronで通常のところに移動
  • 通常メール
    • 普通に受信扱い

.procmailrc

MAILDIR=$HOME/Maildir
LOGFILE=$MAILDIR/log/procmail.log
DEFAULT=$MAILDIR/
SPAMDIR=$MAILDIR/may_be_spam/

:0 fw
| bsfilter --pipe --insert-flag --insert-probability

#:0 HB
#* ? bsfilter
#$SPAMDIR

:0
* ^X-Spam-Flag: Yes
$SPAMDIR

:0
$DEFAULT
  • $HOME/Maildir/may_be_spam/ のところは / を最後に付けるときと付けないときで挙動が違う
    • 付けたときは new cur tmp が作られる
    • 付けないときは そのディレクトリ下に msg.HOGEなファイルが作られる

.forward

"|IFS=' ' && p=/usr/bin/procmail && test -f $p && exec $p -Yf- || exit 75 #riu"

crontab

0 0 * * * mv --reply=no ~/Maildir/may_be_spam/new/* ~/Maildir/new 2> /dev/null

thunderbirdのメールボックスを読ませる

bsfilter --add-spam --mbox ~/.mozilla-thunderbird/〜/Mail/〜/SPAM

読込に失敗しているようなら上のファイルをどこかにコピーするなりして回避


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-09-07 (水) 18:06:59 (4276d)